原発事故に学ぶ実行委員会

 2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の事故と、その後の放射性物質による汚染の問題を通して、私たちのこれからの生き方や社会の在り方を考えるために「原発事故から学ぶ実行委員会」が立ちあげられました。

 11年10月に、京都大学原子炉実験所の今中哲二氏に「福島でおこっていること」と題した講演をお願いし、それ以後、連続講座を開催したり、被災地支援交流、他団体とのネットワーク活動、さらに、「福島まなびの旅」の企画など、「3.11.フクシマを自分たちの生活の中で考える」取り組みを続けています。



これまでの活動

2011年10月 講演会「福島でおこっていること」(京都大学原子炉実験所 今中哲二さん)
2012年 4月
連続講座第1回「原子力と私たちのくらし」
シンポジウム「福島とつながるために」
(うのさえこさん ハイロアクション福島原発40年実行委員会)
(森ゆうかさん 育児サークル・クレセントムーン主宰)
2012年 7月
連続講座第2回
講演会「原発過酷事故の再発を防げるか」ー政府事故調査委員会の活動からー
(吉岡斉さん 東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会委員)
2012年 11月
連続講座第3回
講演会「フクシマ後の時代を生きるために」
ー再稼働の逆風の中、いま何が問われているのかー
(藤田佑幸さん 長崎県立大学シーボルト校非常勤講師)
2013年 3月
3.11「いのちを想う」キャンドルナイトin大牟田
○竹灯篭・キャンドル点灯
○ミニコンサート
○福島からのメッセージ(朗読)
○リレートーク
2013年 5月
連続講座第4回
講演会「福島を生きる」ー子供たちの命を守るためにー
(佐々木ルイさん  真行寺同朋保育園副園長)
2013年 10月
連続講座第5回
シンポジウム「原発再稼働を問い直す」ー玄海・川内原発現地からの報告ー
(向原祥隆さん 反原発・かごしまネット事務局長)
(石丸初美さん 玄海原発プルサーマル裁判の原告団長)
2014年 2月
連続講座第6回
講演会「電力労働者である私たちがなぜ原発に反対するか」
報告1「長崎の被爆者運動と福島を結ぶ」
  (井原東洋一さん 脱原発電力労働者九州連絡会議代表)
報告2「元電力労働者だからこそ原発をなくしたい」
 (川瀬正博さん 脱原発電力労働者九州連絡会議幹事)
2014年 3月
3.11「いのちを想う」キャンドルナイトin大牟田
○竹灯篭・キャンドル点灯
○ミニコンサート
○福島からのメッセージ(朗読)
○福島の子どもの作文(朗読)
○リレートーク
○ふるさと合唱(全員)
 
2014年 4月
福島学びの旅(18日〜20日)
 福島をはじめ東北の人々は、地震と津波の被害に加え、原子力発電所の放射性物質に脅かされる生活を強いられてきました。
 日常の様々な時点で選択を迫られ、その選択から生じた立場の違いによる分断さえ生まれています。
 福島の人たちが抱える課題は、本来国民全体の課題であるはずなのに、少なくない人たちが、オリンピック招致に浮かれている現実があります。
 私たちはこの間、福島の人たちとどのように連携できるかを考えてきましたが、その一環として福島を訪問する「まなびの旅」を企画し、21名の参加によって実施しました。
 
2014年 6月
連続講座第7回
講演会「3年を経て福島は今」
報告1「福島学びの旅の報告」
  (福島学びの旅企画委員会)
報告2「原子力発電は住民にとって何だったのか」
ー元富岡町原発担当課長が語る双葉郡の現状ー
 (白 正一さん 元福島県双葉郡富岡町生活環境課課長)
○原子力発電を受け入れることで、双葉郡はどう変わったのか
○原発事故は住民に何をもたらしたか
○自治体はどう復興しようとしているのか
  同
「避難計画を考える緊急署名の会」(鹿児島県いちき串木野市)
 戸別訪問署名運動参加支援
  同
「福島学びの旅」報告(筑紫野市、久留米市)
2014年 8月
福島の子どもたちと過ごす夏休みin菊池惠楓園(熊本県菊池市)参加交流
2014年 12月
連続講座第8回
講演会 武藤類子さん(福島原発告訴団団長)予定



被災地支援交流活動

 第4回連続講座「福島を生きる」ー子供たちの命を守るためにーを契機に、福島県二本松市の青空市場委員会(ハハレンジャー)を支援するための、青空市場応援プロジェクト・オクルンジャーを立ち上げ、いちのたんぼの会の野菜を中心に毎月野菜を送っています。



ぐーぱ   TOP

福祉でまちがよみがえる会