いちのたんぼの会

 

 生産者と消費者が一緒に農作物を育てる市民団体として、2003年に発足し、主婦や退職者など市民30数人で農業活動を行なっています。
農薬や肥料を一切使わず、野菜くずや草などを畑にまいて、微生物の力、土の力、自然の力で作物を育てる『炭素循環農法』によって、米・野菜作りに取り組んでいます。
収穫した米・野菜は、保育園の給食の材料として毎日届けています。

加えて、食育の一環として、市内の保育園、幼稚園(3園)の専用の田んぼを設け、園児たちと一緒に田植えと稲刈りを行ないます。



 
青空市場応援プロジェクト・オクルンジャー

「原発事故に学ぶ実行委員会」主催の講座をきっかけに始まった「青空市場応援プロジェクト・オクルンジャー」を通して、福島県二本松市の青空市場(子供たちの命を守るためにお母さんたちが立ち上げた青空市場委員会「ハハレンジャー」)へ野菜を毎月送っています。


また、たんぼの会では、市民を対象に『命(いのち)あふれる野菜を育てる炭素循環農法入門講座』を開催しています。
現在、毎月1回6回コースで講義と実習を行なっています。



ぐーぱ   TOP

福祉でまちがよみがえる会