整形外科靴技術
Orthopädie Schuh Technik



ドイツ整形外科靴技術とは 第一次大戦後のドイツでは、戦傷による足部障碍者への対処のために、整形外科医と製靴職人とが協力して特殊な製靴技術の開発に着手しました。

1937年には、20年近い医者と製靴職人との協働の成果を踏まえた教育システムが確立し、整形外科靴製造マイスターの資格制度も整いました。

靴を作る技術だけではない、解剖学、生理学、病理学等の医学的知識と製靴という製造技術の両面をあわせ持つ、新しい専門職の誕生です。

整形外科靴マイスター この技術が、東西ともに第二次大戦後の医療・福祉行政の進展に支えられて大きく発展し、70年代には現在に至る制度も完成しました。

今日では4,000人の整形外科靴マイスターたちが、福祉先進国=ドイツの担い手として、足部障碍者の生活向上のために、医師、理学療法士等の医療・福祉関係者との協働に励んでいます。

もう少し詳しくは→


「ドイツ健康靴」と
「日本人のための健康靴」
この技術を一般既製靴に取り入れ、人間の足と歩行に合理的な靴として開発されたものが日本にも輸入されている「ドイツ健康靴」で、足の健康を考えるドイツ人にとっての日常靴として普及しています。

ただ注意しなければならないのは、これらはドイツ人のために開発された靴だということで、特に、骨格を矯正するためのアーチサポートを備えたフットベッドがドイツ人用のものですので、足の骨格が異なる日本人がそのまま履いたのでは、効果が期待できないだけでなく、トラブルの原因になる可能性もあります。

ぐーぱの提供する靴は、このドイツ整形外科靴技術に依って、日本人の足のデータから開発した「日本人のための健康靴」です。



 

ぐーぱ   TOP

 Erde Vbd. HOME