渡辺さ江 プロフィール


埼玉大学教養学部卒業後1996年まで社会科学研究所研究員。
1996年 神戸被災地支援の中でドイツ整形外科靴技術に出会い、勉強を始める。
以後、2003年12月まで、7年間継続してカールハインツ・ショットから技術を学び続ける。
1996年10月
東京都文京区に「足と靴の相談室エルデ」を開設。
1997年4月
朝日新聞ウィークエンド経済に取り上げられ、その全国的な反響の大きさから日本の靴事情の問題性を再認識。改めてこの技術の本格的な日本への普及の必要性を痛感し、医療・福祉専門職の方々との交流を深める。
1999年10月
リハビリテーション研究大会(神戸)で症例報告。
2000年3月
「足と靴の相談室エルデ」を現在地(新宿区西落合)に移転し、工房を併設。
2000〜01年
兵庫県立総合リハビリテーションセンターの辻本和雄医師とフットベッドの効果について共同研究(01年9月の第15回日本靴医学会で共同発表)。
2002年10月 NPO法人靴総合技術研究所の設立に参加、以後今日まで同研究所研究員。
2003年2月
下條整形外科(茨城県下妻市)での靴・装具の提供業務開始、以後今日まで継続。
2003年4月
国際整形外科靴技術者連盟(IVO)世界大会(東京)で発表。
2003〜07年
日本人用の標準的フットベッドの開発に着手し、その効果について白木仁筑波大学教授、足立和隆准教授等と共同研究を進める。
04年には、株式会社H.P.S.の安部嵩氏の協力を得て製品化。
2004年9月 福岡県立大学生涯福祉研究センターの研究会へ講師として招聘され、以後今日まで福岡県下での整形外科靴技術の普及活動に協力。
2005年〜 有限会社マイスターの崎村正博氏の協力を得て、ドイツ輸入靴に代わる多様な靴の開発に着手。08年に製品化。
2007年10月 NPO法人福祉でまちがよみがえる会(福岡県大牟田市)主催の足部障碍者対象の相談会に招聘される。
2007年10月〜08年1月 福岡県立大学生涯福祉研究センターでの「足と靴の相談技術者養成講座」の講師として招聘される。
2008年6月 ドイツ輸入靴に代わる多様な靴を製品化するために設立された合同会社AMSTW(福祉の靴技術社)への協力を開始、以後今日に至る。
2008年6月 福岡県立大学生涯福祉研究センターでの「足と靴の相談室」開設に協力。以後今日まで継続。
2008年9〜12月
NPO法人福祉でまちがよみがえる会主催の「足と靴の相談技術者養成講座」(県立大学出前講座)の講師として招聘される。
以後、第2期同講座(09年9月から10年2月)、同「加工技術者養成講座」(11年6月から9月)等の講師として招聘される。
2008年9月〜 NPO法人福祉でまちがよみがえる会が開設した「足と靴の相談室ぐーぱ」の事業展開に協力。以後今日まで継続。
2010年12月〜 日本人用の標準的フットベッドの生産を、障碍者就労事業として展開するために設立された株式会社O.A.S.の事業準備に協力。(12年度中に本格稼働予定。)




相談室 TOP 

 Erde Vbd. HOME