下條整形外科へ出向いています


 現在、茨城県下妻市の下條整形外科で患者さんの足を拝見し、靴や足底板を提供しています。

 院長の下條仁士先生は、筑波大学にいらした頃よりエルデの技術を評価して下さり、患者さんをご紹介下さったり、病院へお招き頂いたりしていました。

 その下條先生が、地域医療を担うために下妻駅のすぐ近くに開業され、連日多くの患者さんの治療やリハビリに当たられています。患者さんの中には、足や膝のトラブルで靴にお困りの方や、治療のために装具の必要な方も多く、エルデの靴や足底板を使用したいとのこと。

 そこで、毎月1回定期的に伺い、先生のご指示を頂いて患者さんの足を拝見し、靴(靴型装具)や足底板(足底装具)を提供しています。

 先生の治療やリハビリ指導との相乗効果のようで、私たちの靴や足底板の機能性が通常以上に高まっているように感じます。もちろん患者さんには、たいへん喜ばれています。 

 下妻近辺で、足や膝のトラブルをはじめ、整形外科疾患、スポーツ疾患などでお悩みの方は、ぜひ下條先生の診察を受けられることをお勧めします。


 
下條整形外科  茨城県下妻市本城町1-48-3  0296-43-3666
関東鉄道常総線・下妻駅徒歩3分





 下條仁士先生は筑波大学医学専門学群をご卒業後、整形外科医として多くの患者さんの治療に臨まれるとともに、筑波大学体育科学系の講師、助教授としてスポーツ医学の分野で教鞭をとられてきました。

 先生は、日本臨床スポーツ医学会評議員、日本整形外科スポーツ医学会評議員、日本スキー学会理事等としての学会での活躍に加え、日本オリンピック委員会医科学強化スタッフ、日本体育協会公認スポーツドクター、ボートセーリングインストラクター等々、スポーツ医学の専門家として、各種のスポーツ指導を行なわれています。特にアメリカン・フットボールでは、03年7月のドイツワールドカップに全日本ドクターとして参加され、ワールドチャンピォン達成に貢献されました。

 また、先生は、スポーツ選手のためだけではなく、健康のためのスポーツ指導にも力を入れておられ、ダイエットのための「チューブ体操の下條先生」としても有名です。

 整形外科医としては、特に膝の専門医として高名で、膝疾患に関する多くの研究業績を残されています。それもあってか、医院には、連日膝の疾患をもつ患者さんがたくさんみえています。



相談室 TOP 

 Erde Vbd. HOME